生きて、生きて、生きろ。

→ 上映作品へ戻る

  • ■ 劇場公開:2024年
  • ■ 製作年:2024年
  • ■ 製作国:日本
  • ■ 時間:113分
  • ■ 監督:島田陽磨

東日本大震災と福島第一原発事故から13年が経った福島県では、時間を経てから発症する遅発性PTSDなど、こころの病が多発しており、若者の自殺率や児童虐待も増加した。相馬市にある「メンタルクリニックなごみ」の院長・蟻塚亮二医師は連日多くの患者を診察し、その声に耳を傾ける。同院と連携するNPO「こころのケアセンター」の米倉一磨さんも、こころの不調を訴える地域住民の自宅訪問を重ねていた。患者や利用者の置かれた状況には、震災と原発事故の影響が色濃くにじむ。蟻塚医師は行方不明の夫が枕元に現れたと言う女性に対し、「生きていていいんだ、という希望を持った時に人は泣ける」と話す。一方、米倉さんは息子を失った男性に、ジンギスカンを一緒に焼くことを提案。やがてそれぞれに、小さな変化が訪れる。

上映スケジュール

■上映期間

7/27(土)〜 8/9(金)

  • THEATER1
  • 7/27(土)~8/2(金)
  • [ 1 ] 13:00-14:55
  • THEATER1
  • 8/3(土)~8/9(金)
  • ※休館日・毎週火曜日